公社概要 / 沿革 / 規程 / 業務資料

 ◎ 公 社 沿 革
年  月  日 記          事
昭和48年6月 三重県道路公社発足
昭和48年8月 三重県企業庁より鈴鹿公園有料道路、志摩開発有料道路1期を引継ぐ
日本道路公団より伊勢有料道路を引継ぐ
昭和48年12月 富田山城有料道路事業に着手
昭和50年6月 三重県企業庁より青山高原有料道路を引継ぐ
昭和51年7月 三重県企業庁より志摩開発有料道路2期を引継ぐ
昭和51年3月 伊勢有料道路事業変更許可
(登坂車線の設置)
昭和53年4月 建設省により志摩開発2期に対し追加貸付の実施
(総額6億2千万円)
  (年度別内訳 53年度2億1,700万円
           54年度2億1,700万円
           55年度1億8,600万円)
三重県は志摩開発2期に対し建設省追加貸付の同額を出資
昭和55年4月 富田山城有料道路一部供用
(東名阪自動車道から国道1号まで)
昭和57年4月 鈴鹿公園有料道路の料金改定を実施
昭和58年2月 三重県土木部の諮問機関「有料道路経営問題懇談会」より改善策の提言を受ける
昭和59年3月 富田山城有料道路全線供用開始
3月 青山高原有料道路を三重県に引継ぐ
昭和60年8月 伊勢有料道路を三重県に引き継ぐ
昭和61年10月 鈴鹿公園有料道路第2回目の料金改正を実施
8月 公営企業金融公庫の借入金の繰り上げ償還を実施
平成元年4月 消費税導入による全路線料金改定を実施
9月 伊勢二見鳥羽有料道路事業許可
10月 伊勢二見鳥羽有料道路建設事業に着手
平成2年7月 三重サンベルト周遊券の販売
9月 志摩開発有料道路活性化対策調査委員会発足
10月 富田山城有料道路1千万台達成
平成3年3月 志摩開発有料道路1期、2期に対し、三重県より無利子貸付金22億円を受ける。
7月 伊勢二見鳥羽有料道路事業変更許可
(4車線化等)
11月 富田山城有料道路事業変更許可
(四日市市市道との平面接続)
平成5年6月 三重県道路公社創立20周年を迎える
平成6年4月 伊勢二見鳥羽有料道路供用開始
(平成6年4月17日全線供用開始)
7月 ハイウェイ周遊券事業の実施
世界祝祭博覧会開催
9月 鈴鹿公園有料道路路線名変更
路線名 「国道477号」
10月 財務電算化の稼動
11月 富田山城有料道路路線名変更
路線名 「県道上海老茂福線」
平成8年7月 富田山城有料道路無料化
出資金 7億330万円減額
平成9年4月 料金改定の実施(伊勢二見鳥羽除く)
消費税率改定に伴う料金改定
平成9年11月 鈴鹿公園有料道路
料金微収期間満了による無料開放
平成9年11月12日 三重県に移管
平成10年4月 三公社事務局統合
道路公社、土地開発公社、住宅供給公社
平成11年4月 道路公社文書の情報公開を実施する
平成13年4月 伊勢二見鳥羽有料道路料金収受の自動化システム稼動
平成15年4月 志摩開発有料道路(1期)
料金微収期間満了による無料開放
平成15年4月1日 三重県に移管
平成18年7月 志摩開発有料道路(2期)
料金微収期間満了による無料開放
平成18年7月1日 三重県に移管
平成29年3月 伊勢二見鳥羽有料道路無料化
平成29年3月11日 三重県に移管